第6回学生スマートフォンアプリコンテスト + MBL表彰式

8月30日・31日に慶應義塾大学・三田キャンパスにて,MBL・CDS研究会主催による第6回学生スマートフォンアプリコンテストが開催され,学部4年の井上さんと浜田さんが参加しました.

このコンテストに向けて制作したアプリは次のとおりです.

  • 「もじぴったし」(浜田) : 自動で見やすい文字サイズを提供するアプリ 優秀賞
  • 「ATS」(井上) : 列車に乗ったときにアプリを開いたら、乗ってる列車の時刻表を表示してくれるアプリ 優秀賞

この2つの作品は,審査の結果 優秀賞 をいただくことができました.以下,コメントです.

浜田「初めての遠征での発表に緊張して臨みました。当日はたくさんの方々に自分のアプリを触って頂きとても楽しい時間を過ごせました。2日間とてもいい経験をさせて頂き感謝しています!」

井上「いろんな方にアプリが評価されて嬉しかったです.アピールに際してコメントが数多く寄せられたので,今後に反映していければなと思います.東京だったので通勤ラッシュがすごかったですが,ポスターも無事現地にて掲示することができてホッとしています.」

previous arrow
next arrow
Slider

そして,同じ会場にて先日の第87回MBL研究発表会優秀発表賞を受賞したM2・磯村さんの表彰式も8月31日に同じ会場で行われました.

OC等お疲れ様会🍶

オープンキャンパスのお疲れ様会を8月最初ぐらいに開きました。

今回は様々な種類のお酒と、広島焼き等で楽しく飲み会をしました。

年度が変わって研究室内で飲み会を開くのは,これが初めてです.学部3年も積極的に参加してくれました.これからも月に1回は開きたいな(希望)と思います.

previous arrow
next arrow
Slider

合同中間発表2018

中部大の山内研・愛工大の澤野研他と合同の中間発表に、梶研究室が参加しました。今回は中部大の山内研主催で、中部大学にて行いました。

大学院生・学部4年生は、自分が進めている研究の現状について発表しました。学部3年生は「面白いと思えるアプリ・システムを作る」をコンセプトに制作し、それについて発表しました。

自分たちの発表のみならず、他の研究室の発表も聴講しました。はじめての発表となった学部3年生も、他の発表に対して興味津々に聞き入っていました。

その後、懇親会が行われ、参加した研究室と交流を深めることが出来ました。

この中間発表で一旦区切りになります。院生・学部生共に、卒論・修論発表に向けて新たなスタートを切ります。

previous arrow
next arrow
Slider

オープンキャンパス2018

愛知工業大学では,2018年7月21日(土)・22日(日)にオープンキャンパスを開催しました.Kajilabにおいても,オープンキャンパスで研究室紹介を実施しました.

B4・B3が中心となり,高校生や近隣の方に研究の魅力を紹介しました.位置情報系・インターフェース系どちらとも自分たちの行っている研究を伝えることができました.もし興味を持った高校生のみなさん.ぜひ,愛知工業大学およびKajilabにてお待ちしております.

previous arrow
next arrow
Slider

DICOMO2018

2018年7月4日-6日に福井県芦原温泉で行われたDICOMO2018シンポジウムにて以下の発表を行いました.

  • 宮脇雄也,梶克彦,こだわり行動からの切替促進システムの被験者家庭への導入,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2018)シンポジウム,pp.221 – 227,2018.
  • 四ツ谷 昂亮,伊藤 信行,内藤 克浩,中條 直也,水野 忠則,梶 克彦,大量の屋内PDR歩行軌跡を用いた歩行軌跡の高精度化,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2018)シンポジウム,5F-4,pp. 1040 – 1047,2018.
  • 野々村太志,梶克彦,公園や遊戯施設を対象とした子供のモビリティモデル構築,マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2018)シンポジウム,6F-3,pp.1 – 8,2018.

感想

宮脇「発表は緊張せずとてもいい感じにできたと思います。会場の聴衆が少なかった点と帰りが雨で帰れなかった点が残念でした。」

四ツ谷「発表自体は楽しく行うことができました.しかし,相手に情報をスマートに伝えることの難しさも感じました.他大学の方々と交流を深めることができ,とても有意義な3日間でした.」

野々村「今回の学会は発表時間が12分、質疑応答が8分と質疑応答の比重が大きい。そのため、いつもよりも多くの質問やコメントを頂けて今後の研究の発展に大いに寄与できる物であったと思う。そして会場が旅館であり、温泉に入れる、料理が美味しい、部屋が快適というとても素晴らしい学会だった。全体を通して帰りの道程以外は楽しい学会だったので是非また参加したいと思う。」

previous arrow
next arrow
Slider

 

新入生歓迎会2018

2018年5月,研究室に新たに学部3年生10人のメンバーが仲間入りしました.

新たに入ったメンバーを歓迎するため,2018年6月1日に新入生歓迎会を行いました.

NEWメンバーに加え,先輩にあたる在学生と先生が参加し,自己紹介やすべらない話など非常に盛り上がった歓迎会になりました.

これから本格的に活動していくことになりますが,先輩方・先生との交流を更に強く深め,楽しく活動していきたいと思います.

previous arrow
next arrow
Slider

第87回MBL研究発表会

2018年5月24日-25日に沖縄県久米島町で行われた第87回MBL研究発表会にて以下の発表を行いました.

  • 磯村奎介,梶克彦,角速度と磁気センサを単独で用いたステップ認識手法,研究報告MBL, 2018-MBL-87(4), pp1-8, 2018. (優秀発表賞

この件に関しまして,愛知工業大学のWebページに掲載されました.

感想

磯村:発表の際とても緊張しましたが,結果として優秀賞をいただきとても嬉しいです.空いた時間にはスクーターに乗って島を観光し,楽しい時間を過ごせました.

previous arrow
next arrow
Slider

卒業式・追いコン2018

今年も別れの季節がやってきました。

2018年3月23日(金)に卒業式と追いコンを行いました。
学部生11名、院生1名がこの日で卒業しました。
就職する人や大学院に進学する人など様々いますが、これからの長い船旅を頑張って乗り越えていきます。

卒業式の当日に行った追いコンでは、卒業生を含め学生24名+先生+サプライズOBOG3名が参加しました。
卒業生の抱負や、今だから言える話など、とても楽しく盛り上がりました。

previous arrow
next arrow
Slider

MobiCASE2018に参加

2018年2月28 – 3月2に大阪で開催されたMobiCASE2018に以下の発表を行いました。

  • Naruse, F., Kaji, K., Estimation of Person Existence in Room Using BLE beacon and Creation of Platform, 9th EAI International Conference on Mobile Computing, Applications and Services (MobiCASE 2018) Poster, Osaka, Japan, 2018

感想

成瀬:初めての国際会議で慣れないことも多かったですが、あまり経験することができない英語での聴講、発表は大きな糧となりました。

previous arrow
next arrow
Slider

全国処理学会第80回全国大会

2018年3月13-15日に早稲田大学で開催された情報処理学会第79回全国大会にて4人発表しました.
また3月15日に全国大会ないで行われたIPSJ-ONEにて梶が登壇しました.
4人の以下発表内容と感想です

  • 宮脇雄也,梶克彦,こだわり行動からの切替促進システムの基礎検討,第80回情報処理学会全国大会,1ZB-02,pp.1-2,2018.(学生奨励賞
  • 四ツ谷 昂亮, 伊藤 信行, 内藤 克浩, 中條 直也, 水野 忠則, 梶 克彦, 複数の同一経路歩行軌跡を用いた推定歩行軌跡の高精度化に関する検討, 第80回情報処理学会全国大会, 6S-05, pp.1-2, 2018.
  • 野々村太志, 大村和徳, 梶 克彦, 子供のモビリティモデル構築のための一検討, 第80回情報処理学会全国大会, 7V-02, pp.1-2, 2018.(学生奨励賞
  • 丹羽美乃, 梶 克彦, IoTデバイスの時系列通信パターンの分析, 第80回情報処理学会全国大会, 6T-03, pp.1-2, 2018.

この件に関しまして,愛知工業大学のWebページに掲載されました.

感想

宮脇 : 発表, 質疑共に想定以上にできた. 賞もいただいた. 同系統の研究者と議論できた. これに溺れず今後も頑張りたい.

四ツ谷 : 初めてのオーラル発表でしたが,発表自体は楽しくできました.しかし,質疑に対する返答の内容が足らず,自分の研究背景を伝えきることができませんでした.
様々な研究を聞くこともでき,自分や他の班員の研究に利用できそうなアイデアも色々聞くことができました.

野々村 : 学会自体は初めてではなかったのですが泊りでの学会は初めての体験でした. 学会に参加している時間が長い分多くの研究発表を聞くことができ, 興味深い経験でした. 自分の発表についてですが, まだ拙い発表ではありましたが学生奨励賞をいただき, 大変嬉しく思います. また多くの質問もいただき知見が深まりました.

丹羽 : 久しぶりのオーラル発表でした. たくさんの発表を見ることができよかったです. 今回は研究の進捗具合やプレゼンの準備等が十分ではなかったため, 次回の学外発表に向けて研究に精進します.

previous arrow
next arrow
Slider