WiNF2017に参加

2017年11月26日に中部大学で開催されたWiNF2017にて以下の発表を行いました.

  • 丹羽美乃,池田直人,梶克彦,IoTデバイスの時系列通信パターンの分類,WiNF2017(第15回情報学ワークショップ).(優秀ポスター発表賞)
  • 野々村太志,大村和徳,梶克彦,子供の行動モデル構成のためのデータ収集と分析,WiNF2017(第15回情報学ワークショップ).
  • 熊澤洸介,傍島大貴,梶克彦,電車内で自動的に音漏れを抑制するゲームデザイン,WiNF2017(第15回情報学ワークショップ).
  • 杉本壮,伊藤信行,内藤克浩,中條直也,水野忠則,梶克彦,屋内歩行軌跡統合のための共通部分推定の基礎検討,WiNF2017(第15回情報学ワークショップ).
  • 中岡拓巳,梶克彦,プレゼンテーション支援のための注目率の可視化,WiNF2017(第15回情報学ワークショップ).
  • 中島唯博,四ツ谷昂亮,杉本壮,伊藤信行,内藤克浩,中條直也,水野忠則,梶克彦,オフィス圏内行動データと部屋間移動部分の抽出,WiNF2017(第15回情報学ワークショップ).
  • 宮崎亮太,梶克彦,ハンドグリップで電灯をつける不便益システム,WiNF2017(第15回情報学ワークショップ).

感想

丹羽 : 今回は研究が新しくなって初めての公式での発表でした.聴講者は少なかったのですがうまく伝えることができなかったと自分の中でも不完全な部分があったため,今回伝えきれなかったことやもらった意見を大切にし今後の研究に生かしていきたいです.

野々村 : 聴講者の数が発表者に対して少なくあまり議論ができずやや物足りない印象ではありました.しかし,その少ない議論の中にも今後の研究の糧となるような鋭い意見も確かにあったので有意義な時間を過ごせたと思います.

熊澤 : 参考になる意見などを聞けてよかったです.ただギリギリまでポスター案を考えていたため,発表練習などがあまりできず説明が止まることがありました.

杉本 : 初めての学外発表でポスター発表を行い,短く要点を伝える大切さを感じました.研究への意見も貰えて良い経験になりました.

中岡 : ポスター発表では,多くの方に意見を頂くことができ,気づかされることが多くありました.今後の研究の方向性を確認できる良い機会になりました.他の学生の発表を聞く機会もあり,知見が広がり楽しめました.また,オーラル発表を見て卒論に向けての良い勉強になりました.全体的に参考になることや,学べることが多く良い経験となりました.

中島 : 初めてのオーラル発表だったため,とても緊張しました.今回の発表を通して,自分の研究をより深く理解することができました.また,いただいた意見を今後の研究に生かしてより良いものにしていきたいです.

宮崎 : 初めての発表だったためとても緊張しました.ただ,発表しているうちに緊張はなくなり聞き手側の意見も聞けるようになったため,研究のために得られたものは大きかったと感じました.

previous arrow
next arrow
Slider

 

カテゴリー: News