DICOMO2018

2018年7月4日-6日に福井県芦原温泉で行われたDICOMO2018シンポジウムにて以下の発表を行いました.

  • 宮脇雄也,梶克彦,こだわり行動からの切替促進システムの被験者家庭への導入,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2018)シンポジウム,pp.221 – 227,2018.
  • 四ツ谷 昂亮,伊藤 信行,内藤 克浩,中條 直也,水野 忠則,梶 克彦,大量の屋内PDR歩行軌跡を用いた歩行軌跡の高精度化,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2018)シンポジウム,5F-4,pp. 1040 – 1047,2018.
  • 野々村太志,梶克彦,公園や遊戯施設を対象とした子供のモビリティモデル構築,マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2018)シンポジウム,6F-3,pp.1 – 8,2018.

感想

宮脇「発表は緊張せずとてもいい感じにできたと思います。会場の聴衆が少なかった点と帰りが雨で帰れなかった点が残念でした。」

四ツ谷「発表自体は楽しく行うことができました.しかし,相手に情報をスマートに伝えることの難しさも感じました.他大学の方々と交流を深めることができ,とても有意義な3日間でした.」

野々村「今回の学会は発表時間が12分、質疑応答が8分と質疑応答の比重が大きい。そのため、いつもよりも多くの質問やコメントを頂けて今後の研究の発展に大いに寄与できる物であったと思う。そして会場が旅館であり、温泉に入れる、料理が美味しい、部屋が快適というとても素晴らしい学会だった。全体を通して帰りの道程以外は楽しい学会だったので是非また参加したいと思う。」

previous arrow
next arrow
Slider