屋内位置推定プロジェクト (Positioning)

建物構造情報生成と歩行軌跡の高精度化

高精度な建物構造情報を生成するためには,1つ1つの屋内歩行軌跡が高精度に推定される必要がある.そのため,複数の同一経路歩行軌跡を用いて,屋内歩行軌跡の高精度化を行う.


屋内歩行軌跡統合のための共通部分推定

複数の歩行軌跡において,センサ値の安定している区間(安定歩行区間)に着目し共通部分を推定する.安定区間の時間長,長さ,高低差,Wi-Fiを特徴量として, SVMを用いた機械学習を行う.最終的に,共通部分と推定された部分の統合による建物構造情報生成を目指す.


横歩きや後退を含む歩行のための加速度と角速度の平面成分を併用した進行方向推定に関する研究

歩行時に進行方向に対して加速してから,進行方向の逆方向に減速するという特徴を用いて一歩ごとに進行方向を推定する.加速度平面成分を角速度の平面成分を用いて補正し,進行方向推定の高精度化を目指す.


オフィスワーカーを対象としたヘルスケア促進の研究

運動モチベーションを向上するため,情報提示方法の模索とWebサイトの構築を行う.