DICOMO2020で「列車の到着時間案内アプリの実用性向上」を発表しました

M2のharuki(井上晴稀)です.本来は高知でやる予定だったDICOMO2020ですが,リモート発表で「列車の到着時間案内アプリの実用性向上」を発表しました.

井上晴稀, 梶克彦, 列車の到着時間案内アプリの実用性向上, マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2020)シンポジウム, 3A-3, pp.346-353, 2020.

発表概要

列車に乗ったときに,列車内でアプリケーションを開くと,自動で乗客の乗っている列車を推定して,到着時間を乗客に提示するスマートフォンアプリケーションです.アプリケーション自体は,DICOMO2019で発表しています.何も情報を入れることなく,アプリケーションを起動するだけで到着時間の情報が得られるのが,このアプリケーションの特徴です.DICOMO2019では,列車を推定するのに大幅な時間がかかっていた問題点がありました.そのため,今回のDICOMO2020では,列車の推定にかかる処理時間の短縮を,精度を保ちつつ行う目的で処理の変更を提案・実装しました.

感想

学会発表はこれで3回目なので,緊張はしましたが初回ほど緊張するほどではありませんでした.質疑応答で思うように応答できなかった部分があるので,そこは少し反省しています.これからの発表のときは,しっかりとアプリケーションやシステムの思想をしっかり答えられたら良いなと思っています. 本当は高知に行きたかったのですが,今回はリモート発表になってしまったのは残念でした.今までの発表はすべて対面方式での発表だったので,リモート発表は初めて行いました.聴いている人が見えないのは,緊張が少しほぐれた分,「しっかり聴いていただいているんだろうか」という若干の心配もありました.しかし,無事に終えてよかったです.リモートならではの楽しみ方もできたと思います.ただ,やはり温泉には行きたかったです.今度夏に一人で旅行に行きます… あと,今回の発表でヤングリサーチャー賞をいただきました.指導してくださった先生,研究室のみなさん,ありがとうございました.