Kaji Lab

KAJI LABORATORY

高度ICT社会における人とコンピュータの関わりを追求する研究室です。特に「屋内位置推定と位置情報サービス」「インタラクションメディア」をテーマとした研究をしています。

お知らせ

見学希望者の方へ

研究室見学について

研究室見学を希望の方は下記のメールアドレスにて日程調整します.

📧 [email protected]

Summer WorkShop 2022 参加者の方へ

以下の特設ページをご覧ください.
https://kajilab.net/summerworkshop2022/

kaji

1 分で読めます

B3の大鐘勇輝と水野涼雅です. 7月2日(火)~7/5日(金)の日程で福島県磐梯熱海温泉 華の湯にて開催されたDICOMO2019において研究発表を行ってきましたので,報告させていただきます. 今回の発表では「物体内部に設置したBLEビーコンの電波強度を用いた状態推定手法」というタイトルで,BLEビーコンを用いたモノの状態推定の研究を発表させていただきました.

大鐘勇輝, 水野涼雅, 梶克彦, 物体内部に設置したBLEビーコンの電波強度を用いた状態推定手法, マルチメディア, 分散協調とモバイルシンポジウム2019論文集, pp. 792-7992019, 2019.


研究背景

技術の発達によって,近年ではモノの高機能化が進んでいます. 例えば,スマートフォンと連携した機能や音声による操作,インターネットへの接続による外部からの操作など,現在では多くの機能が搭載されるようになりました. 中でもインターネットに接続する家電はIoT家電と呼ばれ,エアコンや照明,家の鍵から車に至るまで,数年前ではインターネットと無関係だったものが,今では当たり前のようにインターネットに繋がるようになりました. このようにモノの高機能化が進むと,それに伴って様々なセンサが搭載され,そこから多様なデータを取得することができます. ここで得られるデータは,リアルタイムなデータであれば留守時の防犯,履歴データなら無駄の可視化というように色々な活用が期待できます. ここで,これらのデータはIoT家電などからしか取得できず,ドアや椅子といったモノからは何もデータを取得できないといった問題があります. そこで私たちは,このようなモノからでも情報の取得を可能とするべく研究を開始しました.

提案手法

私たちが提案する手法では,BLEビーコンを直接モノの内部に設置することで状態を推定します. BLEビーコンの電波は微弱なためモノが動作し,ビーコンの遮蔽状態が変化するとそれに合わせて受信電波強度も変化します. 本研究ではこの変化を捉え,下に示すような処理を行うことでモノの状態を推定します.

推定精度

本手法の状態推定精度を確かめるために評価実験を行いました. 詳しい実験設定等は論文を参照してもらえばと思いますが,推定対象物として冷蔵庫,金庫,座椅子を用いて実験を行いました. その結果,以下のような結果になりました.

この結果からBLEビーコンを用いた状態推定手法は,モノの状態を推定するに当たって有効な手法であることが分かりました. 今後の応用としては,家中にBLEビーコンを設置して人のライフログの取得を目指したり,車椅子の車輪の部分にビーコンを取り付けて,移動をセンシングできないかなどを検討していきたいと思っています.

感想

大鐘と水野はB1の時から研究室に所属し研究を行ってきましたが,しっかりとした論文を書き,学会で発表したのは今回のDICOMOが初めてでした. そのため,論文執筆の際は何度もリテイクの指示が出て,締め切りの日は研究室に泊まるなど,書き上げるのには本当に苦労しました. しかし,大変な苦労が合ったからこそ,終わった後の達成感は今までの人生の中でトップ3に入るほど格別なものでした. 今回の論文の執筆およびDICOMO2019での研究発表は梶先生や先輩方のサポートのおかげで無事に終えることができました. この場をお借りして感謝いたします. DICOMO2019では学会とは思えないほど豪華な食事と温泉を堪能することができました. 発表は緊張して大変でしたが,楽しめて良かったです.

kaji

1 分で読めます

7月に行われたDICOMO2019シンポジウムでのデモセッションにて,梶先生が「横歩きや後退に対応できるPDRスマホアプリ」で野口賞を受賞したほか,運営を通じて学術交流の活性化へ貢献した方に送られる特別功労賞を受賞しました. Webページの方にも記載されています.
https://www.ait.ac.jp/news/detail/0004295.html

kaji

1 分で読めます

2018年7月4日-6日に福井県芦原温泉で行われたDICOMO2018シンポジウムにて以下の発表を行いました.

  • 宮脇雄也,梶克彦,こだわり行動からの切替促進システムの被験者家庭への導入,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2018)シンポジウム,pp.221 – 227,2018.
  • 四ツ谷 昂亮,伊藤 信行,内藤 克浩,中條 直也,水野 忠則,梶 克彦,大量の屋内PDR歩行軌跡を用いた歩行軌跡の高精度化,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2018)シンポジウム,5F-4,pp. 1040 – 1047,2018.
  • 野々村太志,梶克彦,公園や遊戯施設を対象とした子供のモビリティモデル構築,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2018)シンポジウム,6F-3,pp.1 – 8,2018.

感想

宮脇

発表は緊張せずとてもいい感じにできたと思います. 会場の聴衆が少なかった点と帰りが雨で帰れなかった点が残念でした.

四ツ谷

発表自体は楽しく行うことができました. しかし,相手に情報をスマートに伝えることの難しさも感じました. 他大学の方々と交流を深めることができ,とても有意義な3日間でした.

野々村

今回の学会は発表時間が12分,質疑応答が8分と質疑応答の比重が大きい. そのため,いつもよりも多くの質問やコメントを頂けて今後の研究の発展に大いに寄与できる物であったと思う. そして会場が旅館であり,温泉に入れる,料理が美味しい,部屋が快適というとても素晴らしい学会だった. 全体を通して帰りの道程以外は楽しい学会だったので是非また参加したいと思う.

kaji

1 分で読めます

6月28-30日に北海道定山渓で行われたマルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2017)シンポジウムで研究室から5人(kaji, omura, shota, naka, miyawaki)参加しました. 以下,発表内容と感想です.

  • 清水 祥吾, 伊藤 信行, 内藤 克浩, 中條 直也, 水野 忠則, 梶 克彦,加速度平面成分を用いた1歩ごとの進行方向推定. DICOMO2017シンポジウム, 1B-2, pp. 38 – 43, 2017.(優秀プレゼンテーション賞)
  • 大村和徳,野々村太志,内藤克浩,水野忠則,梶克彦,地域の潜在危険エリア発見のための子供の位置履歴転送デバイスの開発と評価.DICOMO2017シンポジウム,3B-4,pp. 500 – 505,2017. (ヤングリサーチャー賞)
  • 池田翔太,成瀬文尊,梶 克彦,部屋ごとのWi-Fi とBLE Fingerprintの比較に基づく BLE ビーコンの移動および故障検出手法 .DICOMO2017シンポジウム,8B-4,pp. 1614 – 1620,2017.
  • 中 久治,土井 敦士, 根岸 佑也,梶 克彦,音漏れモデルに基づくスマートフォンを用いた音漏れ検出手法. DICOMO2017シンポジウム,7G-1,pp. 1526 – 1533,2017.
  • 宮脇雄也,梶克彦,スマートフォンのリズムパターン認識と赤外線統合リモコンデバイスの連携による家電制御.DICOMO2017シンポジウム,DS-8,pp. 1847 – 1853,2017. (野口賞 3位)

感想

大村

最後のDICOMOでヤングリサーチャー賞いただけてうれしいです. とても有意義な3日間でした.

池田

去年と違い発表が最終日の最後のセッションだったので最後まで気が抜けませんでした. また,プレゼンはよかったのですが質疑応答が上手に応えることができなかったので,自分の研究をきちんと理解できていないと思いました. しかし,学会自体は全く違う分野の発表が見れて楽しかったです.

発表や質疑応答が満足にできなかったため反省している. 学会の雰囲気や他の発表にも大きく刺激を受けたため,当学会に次回も参加したい.

宮脇 :

デモセッションへの参加. 扇風機をスーツケースで運ぶのは大変だったが,持って行ったかいがあった. 話を真摯に聞いてもらえうまく伝えることができたと思う. 会場がざわざわしていた中でデモ機がしっかり動いたことはすごく嬉しい. 3日間色々な人とお話をできた. 美味しいご飯を食べれた. カッパがたくさんいた. 光ができなかったのは残念だが,実りのある3日間だった. 来年も行きたい.

kaji

1 分で読めます

2016年7月6-8日で鳥羽シーサイドホテルで開催されたマルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2016)シンポジウムで以下の発表を行いました.

  • 武島知勲, 梶克彦, 廣井慧, 河口信夫, 神山剛, 太田賢, 稲村浩,回転磁石マーカに基づくスマートフォン位置推定,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム,pp.889-898, 2016.
  • 大村和徳, 菱田隆彰, 内藤克浩, 水野忠則, 梶克彦, 長時間動作による無意識参加型センシングデータ取得特性の検証, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2016)シンポジウム, pp.1544-1549, 2016.
  • 池田翔太, 梶克彦, BLEビーコンをパカパカ, マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2016)シンポジウム, pp.899-904, 2016.
  • 丹羽美乃, 稲村茉夕, 梶克彦, リズムパターン認識に基づく緊急時対策用スマートフォンアプリ, マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2016)シンポジウム, pp.461-466, 2016.

また,梶の発表が最優秀プレゼンテーション賞を,丹羽の発表が優秀プレゼンテーション賞を受賞しました. 愛知工業大学HPに掲載されました.

梶准教授と研究室の学生が受賞

感想

大村:

興味深い研究発表を聞けて為になった. また,他大学の学生との交流ができ有意義な3日間でした.

池田:

初めての学会発表でものすごく緊張しました. 発表を行ったことで研究に対して必要なこと,やりきれてないことが分かりました. また,他人の発表を聞くことにより次の研究に役立てることができそうです.

丹羽:

他大学の学生,先生方と交流ができ,多くの意見をいただき充実した3日間でした. 頂いた意見を参考にしこれからの研究活動に活かしていきます.

受賞

DICOMO2015において発表した論文が優秀論文賞を受賞しました.

kaji

1 分で読めます

以下の論文が優秀論文賞を受賞しました.

  • 村田雄哉, 梶克彦, 廣井慧, 河口信夫, 神山剛, 太田賢, 稲村浩, 歩行時の磁気センシングデータを利用した屋内位置推定手法, マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム, pp.1024-1030, 2015.

  • 安部真晃, 梶克彦, 廣井慧, 河口信夫, 経路の複雑さによらないPDR評価指標と経路可視化ツールの提案, マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム, pp.334-339, 2015.

愛工大Webページに掲載していただきました.

最近の投稿

カテゴリー

本サイトについて

愛知工業大学 梶研究室の公式Webサイトです。研究実績や日常生活についての記事を掲載しています。