全国処理学会第80回全国大会

2018年3月13-15日に早稲田大学で開催された情報処理学会第79回全国大会にて4人発表しました.
また3月15日に全国大会ないで行われたIPSJ-ONEにて梶が登壇しました.
4人の以下発表内容と感想です

  • 宮脇雄也,梶克彦,こだわり行動からの切替促進システムの基礎検討,第80回情報処理学会全国大会,1ZB-02,pp.1-2,2018.(学生奨励賞
  • 四ツ谷 昂亮, 伊藤 信行, 内藤 克浩, 中條 直也, 水野 忠則, 梶 克彦, 複数の同一経路歩行軌跡を用いた推定歩行軌跡の高精度化に関する検討, 第80回情報処理学会全国大会, 6S-05, pp.1-2, 2018.
  • 野々村太志, 大村和徳, 梶 克彦, 子供のモビリティモデル構築のための一検討, 第80回情報処理学会全国大会, 7V-02, pp.1-2, 2018.(学生奨励賞
  • 丹羽美乃, 梶 克彦, IoTデバイスの時系列通信パターンの分析, 第80回情報処理学会全国大会, 6T-03, pp.1-2, 2018.

感想

宮脇 : 発表, 質疑共に想定以上にできた. 賞もいただいた. 同系統の研究者と議論できた. これに溺れず今後も頑張りたい.

四ツ谷 : 初めてのオーラル発表でしたが,発表自体は楽しくできました.しかし,質疑に対する返答の内容が足らず,自分の研究背景を伝えきることができませんでした.
様々な研究を聞くこともでき,自分や他の班員の研究に利用できそうなアイデアも色々聞くことができました.

野々村 : 学会自体は初めてではなかったのですが泊りでの学会は初めての体験でした. 学会に参加している時間が長い分多くの研究発表を聞くことができ, 興味深い経験でした. 自分の発表についてですが, まだ拙い発表ではありましたが学生奨励賞をいただき, 大変嬉しく思います. また多くの質問もいただき知見が深まりました.

丹羽 : 久しぶりのオーラル発表でした. たくさんの発表を見ることができよかったです. 今回は研究の進捗具合やプレゼンの準備等が十分ではなかったため, 次回の学外発表に向けて研究に精進します.

previous arrow
next arrow
Slider

第86回MBL研究発表会

2018年2月26-27日に上智大学で行われた第86回MBL研究発表会にて以下の発表を行いました.

  • 傍島大貴, 熊澤洸介, 中久治, 土井敦士, 根岸佑也, 梶克彦, モバイル環境におけるコンテンツの使用が原因となる危険・迷惑行為を緩和するシステムデザイン,研究報告MBL, 2018-MBL-86(26), pp1-8, 2018.
  • 杉本壮, 伊藤信行, 内藤克浩, 中條直也, 水野忠則, 梶克彦, 屋内歩行軌跡統合のための共通部分推定,研究報告MBL, 2018-MBL-86(38), pp1-7, 2018.

感想

傍島 : 発表自体はそこまで強く緊張することなくできました.しかし質問に上手く答えられませんでした.頂いたコメントの中には,今まで自分が考えていなかった事柄が含まれており,考えの幅が広がると同時に,多くの人と議論することの重要さに気付かされました.全体として,とても有意義な時間を過ごせたと思います.

杉本 : 初めて口頭での学会発表となり,緊張もありましたが無事発表できました.質疑に上手く答えられませんでしたが,今後の改善に参考となる意見を頂けました.他の様々な研究も聞くことができ,学会に参加できて良かったです.

previous arrow
next arrow
Slider

Mashup Awards 2017 に参加

2017年12月9日に東京で行われた Mashup Award 2017 : Internet of Awesome Things部門賞決勝にて以下の作品を発表しました.

  • 大鐘勇輝,水野涼雅,半自動抵抗仕分け機,Mashup Awards 2017.(IoTあるじゃん賞)

感想

大鐘 : 今回出場したMashup Awardsは研究室に入ってから初めての発表の場でしたが,なんとか無事に終えることができました.
残念ながら2ndステージに出場することはできませんでしたが,他の出場者の奇抜なアイデアや技術を見ることができ,また貴重な意見や感想を頂くこともできたのでとても充実した内容となりました.

水野 : 作品をなんとか発表に間に合わせることが出来て良かったという思いでいっぱいです.
2ndに進めなかった原因は,MAに出す作品にしては少し硬い内容だったために,他の方々の作品とはノリが違ったからなのではないかと思います.
プレゼンを見ていて度肝を抜かれたり勉強になったりした事が沢山あったのでとても楽しく,参加してよかったです.

WiNF2017に参加

2017年11月26日に中部大学で開催されたWiNF2017にて以下の発表を行いました.

  • 丹羽美乃,池田直人,梶克彦,IoTデバイスの時系列通信パターンの分類,WiNF2017(第15回情報学ワークショップ).(優秀ポスター発表賞)
  • 野々村太志,大村和徳,梶克彦,子供の行動モデル構成のためのデータ収集と分析,WiNF2017(第15回情報学ワークショップ).
  • 熊澤洸介,傍島大貴,梶克彦,電車内で自動的に音漏れを抑制するゲームデザイン,WiNF2017(第15回情報学ワークショップ).
  • 杉本壮,伊藤信行,内藤克浩,中條直也,水野忠則,梶克彦,屋内歩行軌跡統合のための共通部分推定の基礎検討,WiNF2017(第15回情報学ワークショップ).
  • 中岡拓巳,梶克彦,プレゼンテーション支援のための注目率の可視化,WiNF2017(第15回情報学ワークショップ).
  • 中島唯博,四ツ谷昂亮,杉本壮,伊藤信行,内藤克浩,中條直也,水野忠則,梶克彦,オフィス圏内行動データと部屋間移動部分の抽出,WiNF2017(第15回情報学ワークショップ).
  • 宮崎亮太,梶克彦,ハンドグリップで電灯をつける不便益システム,WiNF2017(第15回情報学ワークショップ).

感想

丹羽 : 今回は研究が新しくなって初めての公式での発表でした.聴講者は少なかったのですがうまく伝えることができなかったと自分の中でも不完全な部分があったため,今回伝えきれなかったことやもらった意見を大切にし今後の研究に生かしていきたいです.

野々村 : 聴講者の数が発表者に対して少なくあまり議論ができずやや物足りない印象ではありました.しかし,その少ない議論の中にも今後の研究の糧となるような鋭い意見も確かにあったので有意義な時間を過ごせたと思います.

熊澤 : 参考になる意見などを聞けてよかったです.ただギリギリまでポスター案を考えていたため,発表練習などがあまりできず説明が止まることがありました.

杉本 : 初めての学外発表でポスター発表を行い,短く要点を伝える大切さを感じました.研究への意見も貰えて良い経験になりました.

中岡 : ポスター発表では,多くの方に意見を頂くことができ,気づかされることが多くありました.今後の研究の方向性を確認できる良い機会になりました.他の学生の発表を聞く機会もあり,知見が広がり楽しめました.また,オーラル発表を見て卒論に向けての良い勉強になりました.全体的に参考になることや,学べることが多く良い経験となりました.

中島 : 初めてのオーラル発表だったため,とても緊張しました.今回の発表を通して,自分の研究をより深く理解することができました.また,いただいた意見を今後の研究に生かしてより良いものにしていきたいです.

宮崎 : 初めての発表だったためとても緊張しました.ただ,発表しているうちに緊張はなくなり聞き手側の意見も聞けるようになったため,研究のために得られたものは大きかったと感じました.

previous arrow
next arrow
Slider

 

第85回MBL WIP発表

2017年11月15日に仙台市で開催された第85回MBL WiP発表にて以下の発表を行いました.

  • 麻生 祐輝, 四ツ谷 昂亮,伊藤 信行, 内藤 克浩,中條 直也, 水野 忠則, 梶 克彦,
    グループ内貢献心とグループ間競争心を刺激するヘルスケア促進システム, 情報処理学会研究報告, 2017-MBL-85(4), pp1-6, 2017.(Work in Progress奨励発表賞)

感想

初めの学外発表だったためとても緊張しました.完璧とはいかないまでも,自分の出来る範囲でしっかり発表出来たと思います.発表時間のみならず,休憩時間やディスカッションでも研究について周りの方々とお話する機会がありました.その中でいくつも新たな発見があり,とても刺激的な時間を過ごせました.
今回の学会への参加は,自分にとって実りの多いものとなりました.

previous arrow
next arrow
Slider

ICMU2017に参加

10月3日~5に富山県で開催されたICMU2017にM1四ツ谷, M2大村, 梶が以下の発表で参加しました.

  • Kosuke, Y., Haruka, I., Nobuyuki, I., Katsuhiro, N., Naoya, C., Tadanori, M., Kaji, K., Detection of Half-turn Stairs from Walking Trajectories Estimated by Pedestrian Dead Reckoning, International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking(ICMU2017), pp.61-62, 2017.
  • Omura, K., Nonomura, H., Naito, K., Mizuno, T., Kaji, K., Implementation and Evaluation of Child’s Location History Transportation Device for Potentially Dangerous Area Detection, International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Network(ICMU2017), pp.7-12, 2017.
  • Shimizu, S., Ito, N., Naito, K., Chujo, N., Mizuno, T., Kaji, K., Pedestrian Direction Estimation for Each Step Using Plane Component of Accelerometer, International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Network(ICMU2017), pp., 2017.

感想

四ツ谷 : 今回の国際学会が初めての学会発表だったこともあり,緊張しながら自分の発表順を待っていました.ポスター発表だったため聴者とコミュニケーションを取りながらの発表になりました.質問に対してとっさに単語が出てこなかったりと,苦い経験もしましたが,これも良い経験になったと思いました.

大村 : 初めての国際学会でした. ドタバタの準備で緊張しましたが, なんとか発表はできたと思います. 質疑応答はもう少ししっかり聞き取れればより良くできたと思います.

previous arrow
next arrow
Slider

平成29年度東海支部連合大会に参加

9月7日~8日に名古屋大学で開催された平成29年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会にB4成瀬, M1安達が以下の発表で参加しました.

  • 安達悠太,梶克彦,歩行空間ネットワークとフロアマップの対応付けシステム,平成29年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会, B4-3, 2017.(IEEE名古屋支部学生奨励賞)
  • 成瀬文尊,梶克彦,BLEビーコンを用いた在室者推定と応用,平成29年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会, B4-4, 2017.

感想

安達 : 二度目の東海支部大会での発表でしたが, 会場が前回と違うので雰囲気もまた違っていました. 今回は発表までのスケジュールが厳しく, 緊張感を持ち続けながら当日を迎えましたが, 本番では落ち着いて話すことができたと思います. 発表も研究もさらに精進していきたいと思います.

成瀬: 初めてのプレゼン対外発表で緊張しました. 内容は置いておいて発表の仕方と質問への対応はまずまずだったかなと思っています. 今後は内容もしっかりと練っていきたいです.

previous arrow
next arrow
Slider

IWIN2017に参加

9月3日~6日にクロアチアで開催されたIWIN2017に以下の発表でM1の池田翔太が参加しました.

  • Ikeda, S., Naruse, F., Kaji, K., A BLE Beacon’s Movement and Equipment Failure Detection Method Based on Comparison of Room-level Wi-Fi and BLE Fingerprints,  International Workshop on Informatics(IWIN2017), pp.137-143, 2017.

感想
去年の国際学会のワークショップと比べ日本人しかいなかったので気は楽でした. しかし, 発表はできても質疑応答がうまくいかず求めている答えが出せませんでした. その時に思ったことは, 英語から日本語ができることは大事だけれど, 日本語から英語ができないことには質問に答えれません. そのため, 日本語から英語の能力が大事だと思いました.

previous arrow
next arrow
Slider

オープンキャンパス2017

7月22,23日の2日間に渡って,オープンキャンパス2017が開催されました.
梶研も位置情報班とUI班の2班に別れ,それぞれの研究内容を発表しました.

位置情報班では研究室内で導入されている滞在情報管理アプリなど,UI班では新しい入力方法を使ったアプリケーションなどのデモを見ていただきました.
準備不足など,少々のトラブルにも見舞われましたが,概ね盛況に終わりました.

今回は3,4年の交流も兼ねており,今まであまり接点のなかったメンバーとも親睦を深めることができたと思います.

previous arrow
next arrow
Slider

DICOMO2017に参加

6月28-30日に北海道定山渓で行われたマルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2017)シンポジウムで研究室から5人(kaji, omura, shota, naka, miyawaki)参加しました.
以下, 発表内容と感想です.

  • 清水 祥吾, 伊藤 信行, 内藤 克浩, 中條 直也, 水野 忠則, 梶 克彦,加速度平面成分を用いた1歩ごとの進行方向推定. DICOMO2017シンポジウム, 1B-2, pp. 38 – 43, 2017.(優秀プレゼンテーション賞)
  • 大村和徳,野々村太志,内藤克浩,水野忠則,梶克彦,地域の潜在危険エリア発見のための子供の位置履歴転送デバイスの開発と評価.DICOMO2017シンポジウム,3B-4,pp. 500 – 505,2017. (ヤングリサーチャー賞)
  • 池田翔太,成瀬文尊,梶 克彦,部屋ごとのWi-Fi とBLE Fingerprintの比較に基づく BLE ビーコンの移動および故障検出手法 .DICOMO2017シンポジウム,8B-4,pp. 1614 – 1620,2017.
  • 中 久治,土井 敦士, 根岸 佑也,梶 克彦,音漏れモデルに基づくスマートフォンを用いた音漏れ検出手法.
    DICOMO2017シンポジウム,7G-1,pp. 1526 – 1533,2017.
  • 宮脇雄也,梶克彦,スマートフォンのリズムパターン認識と赤外線統合リモコンデバイスの連携による家電制御.DICOMO2017シンポジウム,DS-8,pp. 1847 – 1853,2017. (野口賞 3位)

感想

大村 : 最後のDICOMOでヤングリサーチャー賞いただけてうれしいです. とても有意義な3日間でした.

池田 : 去年と違い発表が最終日の最後のセッションだったので最後まで気が抜けませんでした.また,プレゼンはよかったのですが質疑応答が上手に応えることができなかったので,自分の研究をきちんと理解できていないと思いました.しかし,学会自体は全く違う分野の発表が見れて楽しかったです.

中 : 発表や質疑応答が満足にできなかったため反省している. 学会の雰囲気や他の発表にも大きく刺激を受けたため, 当学会に次回も参加したい.

宮脇 : デモセッションへの参加. 扇風機をスーツケースで運ぶのは大変だったが, 持って行ったかいがあった. 話を真摯に聞いてもらえうまく伝えることができたと思う. 会場がざわざわしていた中でデモ機がしっかり動いたことはすごく嬉しい. 3日間色々な人とお話をできた. 美味しいご飯を食べれた. カッパがたくさんいた. 観光ができなかったのは残念だが, 実りのある3日間だった. 来年も行きたい.

previous arrow
next arrow
Slider