位置情報サービス (Location Based Services)

位置情報をベースとしてユーザの行動変容を促す仕組みについて研究するプロジェクトです.ヘルスケアにつながる日常的な歩行を増やすための競争の仕組みや,大学の研究室に来たくなる仕組み,などに取り組んでいます.また,位置情報サービスを持続的に提供するためのエコシステムについても取り組んでいます.

研究内容


二次元フロアマップと歩行空間ネットワークを融合した屋内階層型マップに関する研究

本研究では大学やオフィスビルといった複数の部屋と階層で構成される建物を対象に,屋内位置情報サービスで使用するためのマップの提案を行う.対象環境に適したマップに求められる要素として,複雑な構造の建物でも高い視認性が確保できることや,経路計算及び位置推定結果の表示が可能であることなどが考えられる.提案手法では,二次元フロアマップと歩行空間ネットワークを組み合わせることによりこれらの実現を目標とし,そのマップ構造からこれを屋内階層型マップと呼称する.また,本研究で提案する屋内階層型マップを使用した,屋内ナビゲーションシステムや災害時の建物内避難誘導システムなどへの発展を目指す.


BLEとWi-Fiを併用した不具合推定に基づく多量のBLEビーコン管理に関する研究

BLEとWi-Fiを併用しBLEビーコンの一括管理の研究を行っている.BLEビーコンを一括に管理できるようになると,管理者が1つ1つのビーコンを点検するという作業がなくなりコスト削減につながる.また,ビーコンに不具合が発生した場合でもすぐに対応が可能となるため,運用を止めることなくメンテナンスが可能となる.本研究では事前にBLE及びWi-Fiの電波情報を収集し部屋ごとにモデルを作成し,ユーザから収集した電波情報を部屋モデルと比較し部屋推定後,ビーコンの不具合推定を行いビーコンに不具合が発生していないか推定を行う.不具合が発生している場合は,ビーコンの管理者に不具合が発生している部屋,ビーコン,発生期間が通知され管理者がビーコンを修正しやすいシステムとなっている.


ビーコンパカパカ

この研究は多量に手元にあるBLEビーコンを管理する研究である.BLEビーコンの特徴として,小型や電池駆動,メーカごとに同じ形状などがあげられる.BLEビーコンを配置する前や再配置時に手元に集めた時,同じ形状からどのBLEビーコンがどの識別IDを持っているのラベルなどを貼っていない場合,見た目ではわからなくなる.その時にBLEビーコンを手で覆ったり開いたりすることでBLEビーコンを識別する.BLEビーコンはBLEを採用しているので電波がWi-Fiに比べ弱くなっている.そのため,手などで簡単に電波を変化させることができる.この特性を利用して電波変化をさせることでBLEビーコンを識別する.


乗車中の列車の各駅到着時間を自動表示するスマートフォンアプリケーションに関する研究

列車に乗車してアプリを起動するだけで,乗客の乗っている列車を推定し到着時間情報を提示するアプリケーションの研究である.急いで列車に乗った時,乗客は何の迷いもなく停車している列車に乗車する.今までは乗客が急いで列車に乗ったとき,発車した駅や発車時刻などの列車情報を自らアプリケーションに情報として与え到着時間を調べていた.本研究では,乗客は乗った列車のあらゆる情報を考えずに,アプリケーションを起動させるだけで自動的に乗客の乗っている列車を推定して到着時間情報が提示される.スマートフォンのGPSから取得される現在位置情報と,列車の推定される走行位置から乗客の乗っている列車を推定し,乗客に対し到着時間情報を提示する.