電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会にて「BLE ビーコンに基づく状態推定のためのビーコン設置支援アプリケーション」を発表しました

B3の水野涼雅です.

9月9日〜9月10日に大同大学にて開催された電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会において研究発表を行いましたので報告します

研究概要

以前DICOMOにて「物体内部に設置したBLEビーコンの電波強度を用いた状態推定手法」を発表した.

この手法ではビーコンの設置位置により,受信電波強度の変化の仕方が異なってくるため推定精度に影響を及ぼしてしまうという問題があった.

 

そのため今回,状態推定に適切な方法でビーコンを設置できるよう検討の支援を行うアプリケーションを作成した.

扉の開閉などによって変化する受信電波強度の変化は人の目では当然見えない.そこで受信電波強度のグラフの表示とリアルタイムな状態推定結果を表示し,さらに推定結果の変化を音や色で表すことで,どういう設置方法が効果的なのか試すことができ,BLEビーコンを状態推定に適した方法で設置することができる.

アプリケーションを使用しないで設置した場合,左の図のようにあまり大きな値に差は見られないが,このアプリケーションを使って設置の検討を行うことで右の図のように大きな差が生じるような方法で設置ができるようになった.

感想

現在矯正を行っており器具の影響で滑舌が大変悪い状態での発表だったのでかなり苦労しました.

質疑応答ではしっかり答えられていたと思うので良かったです.

様々な意見を頂いたので今後の研究に生かしていきたいと思います.