第8回学生スマートフォンアプリコンテストにて「胸に手をあてて」を発表しました

B4の水草創斗です。今回第8回学生スマートフォンアプリコンテストにて研究発表を行なってきましたので、報告します。
この発表で最優秀賞を受賞しました。

研究概要:

毎年多くの方が、心停止によって亡くなっている。その中には外出時に突然倒れてしまうケースも少なくない。その際重要になるのが、心臓マッサージ等の一次救命措置である。しかし、市民が倒れる瞬間を目撃したケースでも一次救命措置の実施率は6割にとどまっている、その原因を調査すると一次救命措置への知識・経験の不足が目立つ結果となった。 そこでどうすれば一次救命措置未実施が減らせるかを考え、心臓マッサージの練習に着目した。現状練習するにはどうしても心臓マッサージ用の人形が必要であり、コストが高いという問題がある。 そこで“スマートフォンの気圧センサと身近にある密封できる袋を使えば今までよりも手軽に心臓マッサージの練習ができるのではないか“と考え心臓マッサージ練習アプリを制作している。 現在のアプリの機能としては、リアルタイムに練習できるモノと自分の心臓マッサージをテストできるモノがある。  

感想:

今回初めての発表で、さらにオンライン事前提出形式という特殊な状況でしたが、結果最優秀賞という素晴らしい賞をいただくことができました。 この受賞は、梶先生をはじめとした研究メンバーの意見や支えがあっての受賞だと感じています。