Kaji Lab

KAJI LABORATORY

高度ICT社会における人とコンピュータの関わりを追求する研究室です。特に「屋内位置推定と位置情報サービス」「インタラクションメディア」をテーマとした研究をしています。

お知らせ

見学希望者の方へ

研究室見学について

研究室見学を希望の方は下記のメールアドレスにて日程調整します.

📧 [email protected]

suzaki

1 分で読めます

この度,第10回学生スマートフォンアプリコンテストに参加し,最優秀賞NTTテクノクロス様の企業賞を受賞しました

作成したアプリの概要

本アプリは携帯を水に沈めて遊ぶ,魚の掴み取りアプリです. 携帯に搭載されている気圧センサを使って「携帯を水に沈めたか」「携帯を強く掴んでいるか」が推定できます. 本アプリはこの2つの推定を使って,携帯を水に沈めてじっとしていると魚が出現し,携帯を強く握ると魚が捕まえられるゲームです. 捕まえた魚はSNS連携によりtwitter等で共有できます. 本アプリはGoogleStoreからダウンロードできます.

感想

どうも,M1の須崎翔太です. 優勝しました.ヤッター!.

はい,これにて梶研アプコン三連覇です.もはや殿堂入りしてもおかしくないですね. 本アプリを発表した後,一番言われたのは「どうやってこのアイデアに行き着いたのか」でした.
ここではそれについて少し書こうと思います.
まず最初に「携帯を水に沈めたら気圧センサの値が変わるんじゃね?」と思いつきました. このアプリを説明すると「携帯に気圧センサが搭載されてるの知らなかった」とかよく言われるんですよね. 僕は,この研究室がよく携帯のセンサに関する研究をしていたおかげでこういった知識を持っていました. で,こういう知識がある状態でひらめきが来ると「これ実現できるんじゃね?」ってなるわけです.

じゃあ次はひらめきについてです. 僕は携帯を水に沈めるアイデアを,釣りをしている人を見て思いつきました. 「いや思いつかねーよ」って言われるかもしれません. 当時は「ぶっ飛んだスマホアプリのアイデアないかな〜」って思いながら生活していたから釣りを見た瞬間ひらめいたと思います.
あとはいろんな人にこのアイデアを話したりWebで調べたりして整理していきます. 当時は「水深がわかる」からは「携帯を水に沈めたら水深がわかるアプリ」しか思いつきませんでした. しかし,いろんな人と議論してお風呂や魚というアイデアが生まれ最終的にこのアプリになりました. この時議論の相手に選んだのはモバイルアプリやシステムの開発に詳しい人は当然として,全くITの知識がない人とも議論しました. 開発の知識がある人には実装やゲームデザイン全体の方向性を,ない人にはアイデアを聞くとそれぞれ価値の高い議論ができます.

ogane

2 分で読めます

ABC2022にて「A Method for Estimating the Number of Steps Taken Using a BLE Beacon Attached to the Soles of Footwear」というタイトルで発表をしてきました.

発表概要

The increase in life expectancy fueled by the development of medical technology and the aging of the world’s populations have created a labor shortage in the nursing care industry in Japan. In addition to supporting the daily lives of seniors, elderly care facilities monitor and manage the amount of physical activity of their occupants to maintain their health. To reduce the burden of such work, activity amount estimation has been proposed using acceleration sensors, smartphones, and cameras, although it has not been widely used due to installation costs. Therefore, this study proposes a method that estimates the number of steps taken using BLE beacons as sensors to achieve a low-cost activity-amount estimation. A BLE beacon is attached to the soles of footwear, and the number of steps taken by a person is estimated from the received radio wave strength that changes with walking movements. In an evaluation experiment, participants walked 100 steps at an arbitrary speed, and then the actual number of steps was compared with the estimated number. We found that the estimation accuracy was 91.6%.

報告と感想

こんにちは,M2の大鐘です. 10月27日(木)~10/29日(土)の日程でイギリスのロンドンにて開催されたABC2022において,研究発表を行ってきましたので報告させていただきます. 今回の発表は「A Method for Estimating the Number of Steps Taken Using a BLE Beacon Attached to the Soles of Footwear」というタイトルで,BLEビーコンを用いた歩数推定に関する研究を発表させていただきました. 海外での発表が行えたのは研究室としては約3年ぶりであり,僕自身も始めての海外だったので期待と不安が入り混じる中での発表でした. どの参加者も英語のレベルが高く質疑応答も難なくこなしており,過去に参加した国際学会・ワークショップと比較しても一番レベルが高く感じました. 自分の発表では発表自体は問題なくできましたが,質疑応答では質問内容が理解できずかなりボロボロになりました. 英語力は大事ですね… ですが,イギリスまで来られて特に大きなトラブルなく帰って来れたので,全体的にはとても楽しめることができました!

旅の道中の様子

イギリスには関西国際空港からドバイ経由の飛行機で行きました. 「中部国際空港(セントレア)の方が近いのになんで関空から?」と思った方もいるかも知れませんが,そちらを利用すると予算が数十万単位で膨らむという理由から,この経路で行くことになりました. 飛行時間は関空からドバイまでは9時間,ドバイからイギリスまでは7時間ほど掛かりました. こんなに長く飛行機に乗ったのは初だったので最初はウキウキしていたのですが,後半は腰や足が痛くなり早く着いてくれと思っていました笑

イギリスに着いてからは地下鉄に乗ってホテルまで向かいましたが,その途中に降りた駅がハリーポッターで出てきそうな駅舎でとてもオシャレでした.

ちなみにホテル周辺には別の空港があったのですが,飛行機の発着の様子がよく見れてテンション上がりました.

イギリスの街並み

イギリス観光

飛行機の関係でABCが終わった次の日は1日中空いていたのでイギリス観光にも行きました.

グリニッジ天文台

大英博物館

バッキンガム宮殿

ビッグ・ベンとロンドン・アイ

ロンドン塔

ogane

1 分で読めます

参加メンバー

今回,開催されたOPEN Hack Uにはao(B3),fuma(B3),oiwa(B3),yada(B3),makino(B1)の計5人が参加しました.

制作物

服を街を歩く人たちとすれ違う時に自分の服を評価してもらうことができるアプリで,自分ではなかなか気づくことができない今自分が着ている服がおしゃれなのかわかるアプリです.

服登録部分のデモ


評価表示画面のデモ

サーバーにユーザーの服の情報を教えてもらい,その情報をもとにGoogleMapにピンを立てています.

発表時の動画

発表シーン

展示会

審査員ご講評

yada 一言コメント

受賞者紹介ページ

参加・受賞コメント

ao (デザイン・発表担当)

自分がやったことの無い新しいことに挑戦したいと思い,今回はデザインや発表の役割を担いました. 今回のハッカソンで,グループ開発ならではの面白さと過酷さを痛感しました. このチームメンバーと一緒に開発できたことと,最優秀賞を受賞できたことは非常に良い経験になりました.

fuma (Webページ担当)

軽い気持ちで始めるにはあまりに大きい開発でしたが,研究室でアドバイスをたくさん頂いたり,先輩に技術的な面をサポートしてもらってなんとか形にすることができました. チームの仲間と協力した結果として最優秀賞を獲れたことがとても嬉しいです.

oiwa (フロントエンド担当)

大学生のうちに,プログラミングの大会に一度でも出てみたいと思いこのHack Uに参加しました. 主にWebのフロントエンドを担当し,研究室の先輩からフォローをもらいながら実装していきました. 途中で困難に当たることも多かったですが,だからこそ優勝できたことは嬉しかったです. この経験を今後に活かしていきたいと思います.

yada (バックエンド担当)

今回参加したHack Uで私は主にバックエンドをを担当しました. バックエンドを担当する事は初めてだったので実装に苦労しましたが,目標にしていた最優秀賞をいただくことができ嬉しく思います. 今回の優勝はこのチームだったからこそ実現できたものだと思います. この経験を今後の活動に活かしていきたいと思います.

makino (Android担当)

今回Androidを開発を主に担当しました. チームの中で唯一1年でとても緊張しましたが,ここまで大きな成果を得られてとても嬉しいです. 途中エラーが出て苦しい時期もありましたが,HackFamilyのみんなで一緒に開発をしていたからこそ最後までやり切ることができたと思います. 今後も,今回の経験を通してさまざまな開発に活かしていきたいと思っています.

suzaki

2 分で読めます

IWIN2022にて「Implementation of spatio-temporal fencing for crowd sensing in a smartphone applications」を発表してきました. この発表で「IWIN2022 Best Presentation Awards」を受賞しました

発表概要

Crowdsensing platforms are available to solve the problems of dedicated system development and operating costs associated with crowdsensing. Among them, there are several crowdsensing platforms that provide incentive elements to motivate and maintain users. We build a crowdsensing platform (Lavlus) to mitigate disincentive factors that can be used in conjunction with incentive factors. This study implements a smartphone application for Lavlus. The Lavlus smartphone app needs to have the following functions: sensing project download, sensing request notification, automatic sensing, and sensor data upload. Among them, sensing request notification and automatic sensing are based on Spatio-temporal fencing. Geofencing used latitude and longitude, which are easy for users to visually recognize, but GPS is unstable indoors and in areas with many buildings. Therefore, a margin is provided on the geofence to determine whether the user has entered or exited the geofence with certainty. Lavlus may also target specific facilities, such as amusement parks or factories, as actual use cases. In this case, the geofence may be arbitrarily polygonal. We then draw a circle with the user at its center and generate geofencing points at eight points on the circumference of the circle. If one or more of the generated points are inside the geofence, the system determines that it is about to enter space-time and issues a notification whether or not it will cooperate with sensing. If all eight points are inside, the application judges that it has definitely entered the area and performs automatic sensing. If all eight points are outside, the application judges that it has definitely exited and terminates sensing. This allows proper geofencing even when the geofence is arbitrarily polygonal. In this paper, we implemented these functions and verified their operation. As a result, the geofence worked properly for arbitrary polygons.

報告と感想

どうも,M1の須崎翔太です. この度 8/31 ~ 9/3 に開催されたIWIN2022にオフラインで参加してきました. 学会発表は1ヶ月前にあったDICOMOが初めてで,今回は英語かつオフラインとのことで非常に緊張しました. そんな初めての環境での発表でしたが,多くの助力と練習により満足できる発表ができました. 研究室の皆様や,関係者の皆様にはここで御礼申し上げます. 結果,「IWIN2022 Best Presentation Awards」受賞でき,大変嬉しく思います.

ogane

1 分で読めます

DICOMO2022にて「履物裏に貼り付けたBLEビーコンによる歩数推定手法」というタイトルで発表してきました.
この発表で「ヤングリサーチャー賞」を受賞しました

履物裏に貼り付けたBLEビーコンによる歩数推定手法, 大鐘 勇輝, 榎堀 優, 梶 克彦, マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム2022論文集, pp.140-148, 2022.

発表概要

医療技術の発達による寿命の延伸と,これに伴う高齢化によって,介護業界の人手不足が社会問題となっている.高齢者介護施設では日常生活の介助の他に,健康維持を目的とした活動量の把握・管理が求められる.この作業の負担軽減を目指す試みとして,加速度センサやスマートフォン,カメラを用いた活動量推定が提案されているが,導入コストの問題により広く普及するには至っていない.そこで本研究では,低コストで導入・運用が行える活動量推定を目指し,BLEビーコンをセンサとして使用する歩数の推定手法を提案する.BLEビーコンから発信される電波は,受信機との距離や遮蔽状態の違いによって変化しやすい.この特徴に着目し,履物裏にBLEビーコンを貼り付け,歩行動作によって変化する受信電波強度から歩数を推定した.ただしこの際,貼り付ける履物の素材や歩行速度,受信機の設置位置が,受信電波強度に影響を与える可能性がある.本稿ではこれらの影響についても調査を行い,提案手法の有効性を確かめた.評価実験では,任意の速さで100歩分歩いてもらい,実際の歩数と推定歩数を比較して評価を行った.その結果,91.6%の精度で推定が行えると判明した.

報告と感想

こんにちは.M2になりました大鐘勇輝です. 7月13日(水)~7/15日(金)の日程で開催されたDICOMO2022において研究発表を行ってきましたので,報告させていただきます. 今回の発表では「履物裏に貼り付けたBLEビーコンによる歩数推定手法」というタイトルで,BLEビーコンを用いた歩数推定に関する研究を発表させていただきました. 今年はDICOMOに参加できる最後の年でしたが,コロナウイルスの影響を鑑み,残念ながらまたオンラインでの発表となりました. しかし,発表自体は非常に満足できる内容となり,去年に引き続き「ヤングリサーチャー賞」を受賞することができたのでとても嬉しかったです!!

kaji

1 分で読めます

修士2年生の修論発表会が行われました. 計4名が修士2年間の研究成果を発表しました.

BLEビーコンを用いた在室管理プラットフォームと
それに基づく在室状況提示システムに関する研究


卓球のラケットとスマートフォンの融合による
エンタメアプリケーションに関する研究


FA機器間の相互作用モデルを用いた異常検知に関する研究


聴衆の注目率をプレゼンテーション環境に
直接フィードバックするシステムに関する研究

最近の投稿

カテゴリー

本サイトについて

愛知工業大学 梶研究室の公式Webサイトです。研究実績や日常生活についての記事を掲載しています。